2018年、オーストラリアに行く機会がありました。

先住民アボリジニに出会う旅でした。
そんな中でも至るところで、自分の内側に強い繋がりを感じたシンボル。

エミュー。

現生している鳥類の中では世界で二番目に大きい。
小さな羽を持ってるけど、飛べない。
前進しかできない。
人間に対してはとても優しい。

何かとても一途に生きる。
そんなエミューのスピリットに惹かれました。

会社員を辞め、正式には2018年7月から始めた
RIME!(リム)今ここから、未来へ。という活動。
自分の内側に安心と静寂を取り戻そう!と日々活動を進めています。

自分の皮膚の内側にただただ安心しているだけでいい。
何も求めなくていい。
これ以上新しい何かを身につける必要もない。
もう喋らなくたっていい。
それでも生きる力は形になる。

帰家穏坐(きかおんざ)

ただただ自分の居所に帰って、穏かに座っているだけでいい。
手を組んだり、自分の型で座ってみる。
それはやがてシンボルとなって意図を表し、力を持ち始める。

本当の豊かさは、もうすでに内側にあって、静寂の中に全ては用意されている。

飛べないエミューは飛んでいる!

燦々と輝く太陽はいつもそこにあり、夜を照らす月もある。
人との繋がりを生きる〆縄があって、誇らしげに今日も前進をして生きる。

それが人生。

頭で考えるとわからないのだけど、そびえ立つ山々の上を
エミューはいつも飛んでいる。彼の中では飛んでいる。

人生は驚きの連続だ。

生まれて初めて、最高の夜を迎える日。
まだ会ったこともない最愛の人に今日初めて会える。

人生最高のパーティーを今夜迎えようとしている。

なれる最高の自分。
できる最高のおめかしをして、初めて扉を開けるワクワクがある。

扉を開けると驚きがある。人生が始まる。


そんな想いを込めて、このシンボルが誕生しました。
製作してくれたのはユッキィこと、グラフィックデザイナーの浅井幸信さん。
http://sunnygapen.co.jp

サニーガペン創設者であり、グラフィックデザイナーであり、デジュリドゥ奏者であり
人力トランスバンドASTRONメンバー。親愛なる友人。

こんな風なのが良い、、、というふわっとした想いを見事に形にしてくれました。

我が子のようにこのロゴと共に世界中の皆さんと活動を展開していきます!

 

(注釈)RIME(リム)とは、、

霧氷や白露のことを言います。

過冷却の小さな水滴が、物体と衝突して急激に氷着したもの。

太陽の光を浴びて、白くほのかに輝く、一滴の凍った白露です。

 

わたしたちは今、新しい時代に向かっています。

これまでの価値観、生き方、働き方が間違いなく通用しなくなる社会。

未来のありようは、本当にわたしたちが想像もできないくらいに変わっていきます。

 

そんな新しい時代に生きる「わたし」とは何か、「わたし」とは誰か。

それは、普段は考えもしない、誰にも期待もされていない

「小さな一滴のしずく」なのかもしれません。

 

 

でも、その小さな一滴のしずくが、

内側の価値に再び出会うことができたら、それは瞬時に輝きます。

太陽の光を浴びて、「わたし」を輝かせるのです。

 

もうひとつ。RIME!に込めた想い。

それは「なれる最高のわたしになる」

Re-Invent-ME です。

 

経験や能力、教えや知識を「外に求めるのではなく」

「あなたの内側にすでにあるもの」として取り戻す。

 

それが出来たとき、

あなただけの価値が、人生に一気に輝き始めるのです。

どんな未来や社会があろうとも、

あなた自身が「瞬時に生み出す力」を持つ事になるのです。

毎日の生活に新しい視点を、小さな輝きを。

RIME!の活動が、そのお役に立てることを願って。